初めての方へ About Us

HANAオーガニックのコンセプト・こだわりをまとめています。 初めての方へ

商品のご案内

SKIN CARE
クレンジング:ピュアリクレンジング
洗顔料:ピュアリクレイ
洗顔石けん:ピュアリキューブ
化粧水:フローラルドロップ
美容液:ホワイトジェリー
乳液:ムーンナイトミルク
美容オイル:アーユスオイル
スポットクリーム:オーガニックホワイトクリーム
唇美容液:フラワーリップエッセンス
BODY&HAIR CARE
全身用:ピュアシャンプー
全身用:ピュアトリートメント
MAKE UP
日焼け止めベース:ウェアルーUV
フェイスパウダー:ウェアルーパウダールーセント
カラークリーム:ウェアルーカラーヴェール
マルチパレット:ウェアルーマルチアイズ
FIRST ORGANIC(10代向け)
洗顔料:ヒメリウォッシュ
日焼け止め:ヒメリUV
セット一覧

HANA organic コラム ふしぎの森からこんにちは

HANA日記 オーガニック秘話
written by おたね
2017年08月23日17:03

知っているようで知らない「ローズ」。食べることもできるのです!

こんにちは、おたねです。
先日から今年のローズについての収穫状況やその香り、また今年のローズウォーターが私たちの元に届くまでの状況をコラムやフェイスブックにてお知らせしておりますが、今回はそのローズについてのお話を少しご紹介したいと思います。ちまみに、7月末に船便でブルガリアを出発した今年のローズウォーターは、やっと日本に届いたそう。なかなか時間がかかりますね(笑)
 
さて、みなさん「ローズ」というとどういったものを想像しますか。多くの方は花屋さんや、園芸店等で見かける下記のようなローズではないでしょうか。優雅で、華やかな気品を漂わせる雰囲気がありますよね。実はこれ、ローズの中でも「モダンローズ」と呼ばれる分類で、登場してまだ150年くらいのもの。150年って意外に新しい印象を受けたのは私だけでしょうか。それより前のものは「オールドローズ」と言われ、HANAオーガニックで使用しているローズはオールドローズの一種のダマスクローズです。オールドローズはモダンローズのような優雅さではなく、かわいらしい姿が印象的です。
 
organic71-1 organic71-2
上:モダンローズ     下:オールドローズ
 
モダンローズは登場して150年くらいと先ほどお伝えしましたが、その始まりはナポレオンの時代までさかのぼります。きっかけはナポレオン皇帝妃ジョセフィーヌ。ジョセフィーヌは裕福な貴族の家に生まれたこともあり、大変な浪費家だったそう。中でもバラに対する情熱は相当なもので、世界中から苗を収集し(ナポレオンが戦争中の国からも苗などを収集していたと言われるほど)、専属の園芸家たちに庭に植栽させていきました。その園芸家のうちの1人、アンドレ・デュポンがバラの人工交配に世界で始めて成功させました。今では人工交配は普通のことですが、これまで昆虫による自然交配しかなかったのですから、これはとても画期的なことでした。また、「四季咲き」の革命をもたらした中国原産のコウシンバラもこの時期にヨーロッパに持ち込まれ、1867年、フランスのギヨーによって『ラ・フランス』という品種が作出されました。これが私たちの生活に馴染み深いモダンローズの始まりです。何事も情熱のあるところから、拓けていくのですね。
 
一方、オールドローズは品種改良が少なく野生種に近いことからローズ本来が持つ効用や芳香に優れているため、昔から蒸留水製造用の最適品種として愛されてきました。また、オールドローズは一年に一度しか咲かない「一季咲き」のバラがほとんどなので、年の一度の収穫はとても貴重なもの。ダマスクローズの生産が盛んなブルガリアではローズの収穫を祝って町全体で収穫祭が開催されます。その様子は観光地としても有名なので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
 
organic71-3
 
ちなみに、HANAオーガニックではオールドローズの一種であるダマスクローズを使用していますが、実はダマスクローズの香りや効果効能だけが使用している理由ではないのです。
林田によると、HANAオーガニックの商品開発を始めた当初、どういった植物を使用するか、アロマテラピーの先生に相談したり、植物の本を見たりしながら検討している中で、ダマスクローズの花を見た時に「これだ!」と思ったのだそう。
かわいくて、凛としてて、強さも感じるダマスクローズの姿は、女性として、母親として、妻として、娘として等色んな面を持つ女性に通じるものを感じたというのです。HANAオーガニックでオールドローズを使用しているのは、香りや効能が期待できるからだけでなく、その姿からもメインに使用するころが決まったのです。
 
HANAオーガニックでもブルガリアの収穫祭と同様に、毎年の収穫のお祝いと感謝の気持ちを込めてローズウォーターヌーボーを発売していますが、今年も9月中旬頃の発売を予定しています♪ぜひ、楽しみに待っていてくださいね~!
 
なお先日、一足先に、ローズの収穫を祝ってスタッフみんなでローズジャムを堪能しました。実は、HANAオーガニックの商品意外ではなかなかローズとの接点がない私たち(苦笑)。ほとんどのスタッフがローズジャム初体験だったのですが、その時の様子をご紹介します♪
 
organic71-10 organic71-4 organic71-9
 
まずは、香りを香って、、、。
「ん~、優しい香り」「フローラルドロップと同じような香りがするね」「甘い香りだね」
普段からブルガリアのローズウォーターで作られたフローラルドロップやムーンナイトミルクを使っている私たちには馴染み深い香りでした。
 
次は、早速食べてみます。ヨーグルトにのせて、、、。
「ローズの香りがちゃんとするね~!でも、嫌な感じではないね。」「味は甘いけど、これはローズの味?」「ヨーグルトの酸味とはあまり合わない気がする。」「私は好きですよ~」
 
次はクラッカーにのせて、、、。
「ヨーグルトと一緒に食べるより、私は好き」「クラッカーの塩味と、合うね!そういえば、先日会津のローズ園に行った時にローズジャムを出してもらったけど、塩を少しかけてくださいって言われたよね!ローズジャムって少しの塩味と合うんだね」「塩味といえば、桜の塩漬けを思わせるね」
ヨーグルトより相性がいいようでした。
 
 organic71-6 organic71-8 organic71-7
《一番右の写真は、炭酸水で割った様子です。中の花びら、わかりますでしょうか?》
 
最後は、炭酸水と割って、、、。
「さっぱりしてて、美味しい!」「私はこれが一番好き」「よく見たら、花びらが分かるよー!すごいねー」「カクテルもありかも~!ラムとかと相性が良さそう♪」お酒の話は止まりません(苦笑)
 
ちなみに、私おたねと、スタッフすみれちゃんは、ローズヒップティーに入れても飲んでみました。ローズヒップティーの酸味が、ローズジャムの甘さで緩和され、これもまた美味しかったです。見た目の優雅さと、ローズジャムの優雅さで、気持ちもすっかり優雅になった私たちでした。
 
ローズジャムというと特別な感じがしたり、高価そうなイメージがありましたが実はそんなことありませんでした。普段の生活に取り入れやすく、ちょっとした気分転換になったり、少し優雅な気持ちになることができます。スキンケアだけでなく、美容にいいと言われるローズを食べて体に取り入れられるのもおすすめです!よろしければぜひ、みなさまもお試しくださいませ!

このエントリーをはてなブックマークに追加