初めての方へ

初めての方が感じる「使用感」について

最高の肌には正しい洗顔が大切

間違った洗顔が肌力をどんどん弱めている。

 

洗顔の最大の目的は、悪玉菌とも呼べる悪い細菌を増やさないようにすることです。そのために悪玉菌のエサとなる「古い角質」や「酸化した皮脂」などの汚れをキレイに落とすことが大切です。しかし、洗顔の選び方や洗い方を間違うと、乾燥を招いたり、炎症や角化不全を起こし、肌力を弱めてしまいます。

 

健康で美しい肌とは…
「角質層がしっかりとあり、そこに肌を守る皮脂があり、潤い、キメが整った肌」

 

実は悪玉菌を増殖させないための一番の武器は、肌自身が持つ善玉菌の存在。腸内と同じように私たちの肌にはたくさんの善玉菌が住み、悪玉菌の繁殖を防いでいます。その為、善玉菌にまでダメージを与えてしまうような強い洗浄剤は逆効果となってしまいます。

 

2015_12_021

 

洗顔を選ぶ4つの基準

 

◇洗浄剤のタイプや作り方をチェック
 └ 洗浄力のマイルドな石鹸や石鹸ベースの物がおすすめ。

 

◇洗浄成分の中心となる油脂が良質な物かどうかをチェック

 └ オーガニック栽培の美容成分がたっぷりと
   含まれている物を選びましょう。

 

◇毛穴を詰まらせる成分が入っていないかチェック
 └ シリコンやマイカなどの潤いや透明感を演出する
   成分が入っていない物を選びましょう。

 

◇肌に刺激がないかどうかチェック
 └ 実際に使用してみてヒリヒリ感がなく、スッキリと
  しっとりのバランスが良い物を選びましょう。

 

【 HANAオーガニックのオススメはこちら 】
ピュアリクレイ
2015_12_028
 
ピュアリキューブ
2015_12_029
2015_12_022

 

 
正しい洗顔方法

 

正しい洗顔ができているかどうかが、実は健康な肌作りに大きな影響を与えます。

肌が喜ぶ洗顔を行い、ピカピカと輝く透明感のある肌を手に入れませんか。

 

1:顔を水または32度前後のぬるま湯で流します。

 

2:洗顔料を十分に泡立てます。
(石油由来の合成界面活性剤の洗顔料は落とす力が強いので注意してください)

 

3:顔に泡を乗せて、皮膚に触らずに泡を動かします。
(皮膚に触ってしまう場合は泡が足りません。)

 

4:顔の凹凸部分は泡を手の腹で押すようにして洗います。
(なるべく時間をかけずにパッと終わらせましょう。)

 

5:水やぬるま湯で泡を流します。
(洗い残しがないようにしましょう。)

 

2015_12_023

 

 

 

←前の記事を読む │ 次の記事を読む→

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加