初めての方へ About Us

HANAオーガニックのコンセプト・こだわりをまとめています。 初めての方へ

商品のご案内

SKIN CARE
クレンジング:ピュアリクレンジング
洗顔料:ピュアリクレイ
洗顔石けん:ピュアリキューブ
化粧水:フローラルドロップ
美容液:ホワイトジェリー
乳液:ムーンナイトミルク
美容オイル:アーユスオイル
スポットクリーム:オーガニックホワイトクリーム
唇美容液:フラワーリップエッセンス
BODY CARE
全身用:ピュアシャンプー
全身用:ピュアトリートメント
SCALP & HAIR CARE
リセットシャンプー
3WAYトリートメントパック
MAKE UP
日焼け止めベース:ウェアルーUV
フェイスパウダー:ウェアルーパウダールーセント
カラークリーム:ウェアルーカラーヴェール
マルチパレット:ウェアルーマルチアイズ
FIRST ORGANIC(10代向け)
洗顔料:ヒメリウォッシュ
日焼け止め:ヒメリUV
セット一覧

HANA organic コラム ふしぎの森からこんにちは

HANA日記
written by つばき
2018年05月28日16:46

メラニンは悪者?この夏知っておきたい、シミとメラニンの関係!

メラニンは悪者ではない?

 

紫外線が強くなるこの季節になると、気になり始める「メラニン」という言葉。皆様はそんな「メラニン」に対してどのような印象を持っていますか?

 
 
シミやくすみのもと、と常に悪者扱いされてきたメラニン。実は肌の健康という観点から見ると、メラニン自体は紫外線ダメージが肌の奥に入りこまないようにブロックするための日傘であり、決して悪者ではないのです。
問題は、そんなメラニンが必要以上に生成されてしまうこと。何らかの要因で過剰に活性化=暴走してしまったメラニンがシミになるのです。
 

 shutterstock_700652953
 

メラニンが暴走してしまう原因は、炎症にあり。

では問題の「メラニンの暴走」の背景には、一体何が起きているのでしょうか? 実は、メラニンの暴走が起こっている肌は、不健康な状態に陥っているのです。
 
「不健康な状態」とは、実際には肌内部で炎症が起きてしまっている状態のことを指します。
シミができる肌に、同時にくすみや乾燥、ごわつきなども感じていませんか?これは炎症が起こっている不健康な状態を肌が教えてくれているレスキューサインなのです。
 
そんな炎症を起こす大きな原因のひとつが「紫外線」ですが、実は紫外線の他にも炎症の発動スイッチがあるのです。
現代の生活環境には、紫外線の他にも、環境ストレス、自律神経の乱れなど、炎症の発動スイッチがたくさんあります。肌は第二の脳とも言われるほど敏感で、ストレスを受けやすい部位です。
 

紫外線だけではそこまでダメージを受けていない場合でも、例えば生活リズムが乱れていて睡眠が十分に取れていないなどの条件と重なると、肌は炎症を起こしやすい状態になってしまいます。
 

とはいえ、紫外線のダメージはやはり最もパワフルで、肌に直接的な刺激を与えてしまいます。ですが言い方を変えると、1番防ぎやすい!のも紫外線。自律神経の乱れなど目に見えないものはなかなか自分では自覚しにくいところがあります。

 
これからの季節、まずはわかりやすくシンプルな紫外線ダメージの予防とケアを第一に、生活環境を取り巻くストレスにも少しずつ目を配れるようにしましょう
 
shutterstock_685561903_R
 
 

「昔の日焼けのダメージが蓄積して…」は本当?

「20代に思いっきり日焼けをしてしまったから、今になってシミがでてきてしまった」という話はよく聞くお話ですね。もしかして、シミで悩まれている皆様にも心当たりがあるかもしれません。でも、本当に昔浴びた紫外線が(メラニンが)肌に蓄積されて、今になって出てくるものなのでしょうか?
 
実は、昔受けた紫外線のダメージが今のシミに影響を与えている、というのは間違いではありません。
ただ、「メラニンが蓄積されてしまっている」と理解するのは誤りで、実際は「肌内部の微弱炎症がずっと続いてしまっている」状態を指すのです。
 
20代、30代で紫外線対策や日焼け後のケアをせずに過剰な紫外線を受けすぎてしまった肌は、その強烈なダメージによる微弱な炎症が続き、炎症に反応したメラノサイトがメラニンを生成しやすい状態になってしまっています。
「今になって出来てしまった」シミは、実はずっと肌の内部で続いていた微弱な炎症が、ストレスやホルモンの乱れ、さらなる紫外線ダメージの積み重ねや年齢によるターンオーバーの遅れなどの要因と一緒になって「今」出てきてしまった可能性があるのです。
 

shutterstock_540462781
 

メラニンを過剰に恐れないで!まずはしっかり紫外線ケアを。

シミが出来てしまったからと言って、メラニンを悪者にしてしまい、服のシミを取る感覚で肌のシミを取るような肌本来のメカニズムを無視した美白ケアをしてしまうと、根本的なシミの原因は残り続けてしまいます。強い薬剤で、肌の荒れや乾燥につながる可能性もあります。
 
今あるシミと向き合う対症療法的な美白ケアは、しっかりとその役割と安全性を理解して選ぶことが重要です。
 
最終目的は、シミを作らない肌になること。日頃のライフスタイルにおいて改善できることはもちろんありますが、紫外線など、受けてしまったその日のダメージはその日のうちにケアしましょう。シミばかりにフォーカスするのではなく、「ダメージを溜め込まない」ことも、重要な美白ケアです。
 
大事なのは、乱れた肌の機能を立て直して、メラニンを溜めずに排出する健やか肌を取り戻すこと。紫外線のみならず、様々な環境や内的ストレスによる炎症を「鎮静」して、正常なターンオーバーによる「巡り」を促す。
 
HANAオーガニックは、そんな本来の健康的な肌があるべき機能を取り戻す根本ケアこそが真の「美白」だと考えています。
 

c4b7e548b3ce4698b6b1dfe21a819c34
 
この夏は、HANAオーガニックと一緒に、紫外線にまけない夏を過ごしましょう♪
 
 
 
★現在「初夏の美白*キャンペーン」開催中です!
HANAオーガニックのホワイトケアシリーズの期間限定セットが最大20%OFF!
この機会にぜひお試しください♪
 baab374c16e9892ed906ae12617edb7d
 
 
*オーガニックホワイトクリームの効果

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加