肌も心も透明に。わたしに還る Holistic Care|HANA ORGANIC

  • user
  • cart

2021.8.25

ちょこっと技で肌バテ解消!HANA ORGANIC で秋に備えるスキンケア。

 

夏に受けたダメージがシミやシワ、年齢以上の老化を進行させないためにも。

 

今回は肌バテを解消する HANA ORGANIC 製品を使用したスキンケアと、そのちょこっと技をご提案します。

 

肌バテを解消する過ごし方のポイントはこちらのJOURNALから。

 

 

 

1.肌を柔らかく潤しながら、心身の乱れをケア<フローラルドロップ>

 

ダマスクばら水をベースに、みずみずしさをキープするハチミツや肌を守るローズマリー葉エキス、透明感を引き出すハトムギ種子エキスなどを配合。ダマスクばらと花精油の香りで、潤わせながら肌と心のストレスケアも。

 

> 製品の詳細はこちら

 

〇この成分に注目!

 

・朝摘みダマスクばら水

有機栽培のダマスクばらを贅沢に使い、濃縮蒸留したエニオボンチェフ社製のばら水。

潤いと香りで肌と心を満たし、生まれ変わるための再生力を高めます。

 

・ハチミツ

ビタミンやミネラルなど、細胞を活気づける豊かな栄養素を含み、カサついて荒れた肌をしっとりなめらかに。

 

 

 

 

〇季節のちょこっと技

 

メイク直しのひと吹きで肌のダメージをリセット!

 

肌荒れをしやすい時期は、メイクの仕上げに、あるいはメイク直しの際にシュッとひと吹き。雑菌の繁殖を抑えるローズウォーターの働きで、常在菌のバランスを整えてくれます。

 

外出先やスキンケアの場面以外でも気軽にピュアなダマスクばら水を味わえる HANA ORGANIC ウォーターもおすすめです。

 

 

 

 

 

2.日中のダメージを癒し、常在菌のバランスを整える<ムーンナイトミルク>

酸化ストレスをケアするビルベリー葉エキスやローズマリーエキスのほか、シャクヤク根、ローズヒップ、トウキンセンカなどの美肌成分を配合。夏から秋に変わる季節、皮脂の分泌が乱れ、インナードライに傾いた肌の内部から潤う力を高めます。

 

> 製品の詳細はこちら

 

 

 

〇この成分に注目!

 

・ツバキ油

日本で古くから愛されてきた、椿の種子から採れるオイル。抗酸化力に優れ、皮脂の成分に近いオレイン酸を含む。

 

・ビルベリー葉エキス

北欧が出自のブルーベリーの仲間、ビルベリー。その葉にはポリフェノール含め美容に有効な成分が含まれている。

 

 

 

〇季節のちょこっと技

 

手のひらの温度を使って、潤いベールをなじませて

 

肌に薄くなじませたら、手のひらで包み込んでハンドプレス。深呼吸で香りをゆっくり吸い込んで。皮脂と成分の近い椿油、米ぬか油、月見草油がブレンドされているので潤いのベールがさらりとなじみベタつきません。

 

 

 

 

積極的に肌バテケアしたい時の+1

3.集中ケアでじっくりと本来の力を立て直す時間。<ムーンナイトコンセントレイトマスク>

 

余分な水を加えない、たっぷりのダマスクばら水に浸ったシートマスクは、そのエネルギーを呼吸から、肌からじっくり取り込むための集中ケア。

就寝中に肌が再生する力をより高めるために考えられた処方で、美容液には肌の常在菌を活性化させる「育菌成分」がたっぷりと溶け込んでいるので、ダメージに揺らぐ肌環境を整えて、就寝中の肌の生まれ変わりに備えます。お風呂上がりに10分間。目覚めた朝、珠のようになめらかな肌をぜひ確かめてみてください。

> 製品の詳細はこちら

 

〇この成分に注目!

 

・常在菌のエネルギー源となる特殊な発酵オリゴ糖(バイオエコリア)と、常在菌を活性化させる肌のための特殊な乳酸菌を配合。

 

〇季節のちょこっと技

 

お風呂タイムに合わせて、心身からよみがえる

自律神経のバランスを整えるためにも湯船につかることはこの季節も大切です。じんわり額に汗をかくくらいの温度のお湯につかりながらシートマスクの時間に。パウチに余った美容液はデコルテなど全身にも。(顔や身体を洗った後にご使用ください。)

 

 

 

 

この季節は、肌も体も疲れが出やすい時期です。基本のケアと基本の生活習慣をいつもより大切に。

 

つらいダメージには、サポートアイテムの助けを借りながら、肌の安定感を取り戻していきましょう。

 

 

 

記事一覧

紹介された製品

pagetop