初めての方へ About Us

HANAオーガニックのコンセプト・こだわりをまとめています。 初めての方へ

商品のご案内

SKIN CARE
クレンジング:ピュアリクレンジング
洗顔料:ピュアリクレイ
洗顔石けん:ピュアリキューブ
化粧水:フローラルドロップ
美容液:ホワイトジェリー
乳液:ムーンナイトミルク
美容オイル:アーユスオイル
スポットクリーム:オーガニックホワイトクリーム
唇美容液:フラワーリップエッセンス
BODY CARE
全身用:ピュアシャンプー
全身用:ピュアトリートメント
SCALP & HAIR CARE
リセットシャンプー
3WAYトリートメントパック
MAKE UP
日焼け止めベース:ウェアルーUV
フェイスパウダー:ウェアルーパウダールーセント
カラークリーム:ウェアルーカラーヴェール
マルチパレット:ウェアルーマルチアイズ
FIRST ORGANIC(10代向け)
洗顔料:ヒメリウォッシュ
日焼け止め:ヒメリUV
セット一覧

HANA organic コラム ふしぎの森からこんにちは

ライフスタイル
written by ふしぎ
2014年11月28日9:36

スタッフのナチュラルライフ〜ある休日の日に〜

すっかり冬らしくなった今日このごろ。
街はすっかりクリスマスの装いに変わりましたね。

 

HANAオーガニックでもクリスマスキャンペーンに伴って
クリスマス限定商品のローズブーケが発売となりました。

もう、お手元で使ってみている方も多いのではないでしょうか。
それというのも、このローズブーケ。

 

すごい人気です!!

 

86_5

 

みんな、すごく待っていたのね!?
(ローズブーケの発売の事前告知はありませんでしたが)
まさに、そんな感じなのです。

 

ローズブーケは持ち歩きやすい小さなリップスティックサイズ。
そして香りを纏うことを楽しめることはもちろん、
ちょっとした手や唇などの乾燥ケアができる便利なもの♪

 

そしてスペシャルオイルとローズエキスをぎゅっと濃縮した
HANAオーガニックの14年度クリスマス限定商品であります♪

 

私も愛用中♡これはかなり便利ですよ。
とってもいい香りだし、ギフトにもおすすめですね。

 

 

そんな便利なローズブーケをお供に休日はちょっとだけ車で遠出をしてきましたよ♪

 

本日は久しぶりにスタッフの休日をご紹介しようと思います。

 

今回の目的地は佐賀県の伊万里。
この伊万里は古くから焼き物の町で有名な場所。

佐賀県には焼き物で有名な有田も近くにあり、食器好きにはたまらない地域。

 

今回伊万里に行ったのは、もちろん私も食器好きだから、なのですが
食器メーカーの老舗であるノリタケの工場が伊万里にあり、
そしてその工場の一角にある販売所でセールをやるとのことで朝から早速行ってみたのでした♪

 

86_4
薄暗くて、ちょっとひんやりする工場に併設された店内。

 

 

ノリタケの食器、とても好きなんですよね。
白の色がとてもいい。
皿に唇があたると、食べてしまいたくなるような柔らかさがあって上品。

 

 

86_3

 

でも、それはノリタケの食器ならどれでも、ではもちろん無くてボーンチャイナのものだから。

 

みなさんボーンチャイナ(BONE CHINA)はご存知でしょうか。
食器好きなら当たり前かもしれませんが、知らない方もいるかもしれませんので
ここで少し。

 

ボーンチャイナのボーンは骨のことで、
よくボーンチャイナというと中国製だと間違われるようですが、
ボーンチャイナとは原料にボーンアッシュ(骨灰)加えた磁器のことです。

 

原料には牛の骨灰の他、カオリン、硅石、長石、蛙目粘土などを使用しているようで透光性に優れた柔らかな艶が特徴。
中国の白磁器に魅せられたイギリスが生み出した技法です。

 

白磁器がヨーロッパに伝わった当時は非常に高価なものでほんの一部の上流階級だけが買うことができるものだったのだとか。
そしてほとんどが食器としては使用されず装飾品としてのもの。

 

**********************************************************

 

また装飾品にする程に貴重とされたのはヨーロッパで白い磁器に対する強い憧れがあり
その美しさから芸術として扱われたからなのですね。
そういったことから、こうした磁器での装飾品がとても盛んに作られました。

後にイギリスのボウ窯のトーマス・フライがボーンチャイナという独特の風合いのある白い磁器を生み出し、

スポード社、続いてウェッジウッドが製造に成功。
続いて日本でもノリタケが初めてボーンチャイナの製造に成功したのでした。

 

その後、日中戦争や太平洋戦争に伴って日本での磁器の製造は中止されましたが、
ノリタケのボーンチャイナの専門工場は技術保存工場として政府指定の元、戦時中も保護され
ボーンチャイナは現在も高級食器の素材の一つとしてノリタケや他多くの食器メーカーに製造されています。

 

製品に歴史があるので、

こうした工場の奥に眠っている商品などに触れる機会は素晴らしい。
ホコリがすごくて、手がとんでもないことになりますが笑。

 

**********************************************************

 

様々な華やかな絵付けものもいいのだけど
シンプルな白のもの、ボーンチャイナの白はすごく素敵。

 

**********************************************************

 

なんて想いを巡らせ、ぐるぐる一種類一種類手に取ってみたり。

 

86_2

 

こんなのんびりペースなので一人でじっくりが一番です。
迷惑がかかるので誰もお供に連れてはいけません笑。

 

ああでもない、こうでもない、とぐるぐる自分会議。

 

こうして好きなものをじっくりみている時間。
好きなものを感じている時間。
とても贅沢で素晴らしい時間です。

 

こんな穏やかな時間がある休日が好き。
そんなに頻繁に自分の好きな物をじっくり選ぶなんてことは、とてもできませんが…笑。

 

ノリタケで食器をみることは
美術館に作品を見に行ってるような、穏やかだけど心躍る、素敵な時間でありました。

 

 

みなさんもこれからの年末、
何か自分にとっての贅沢な時間をつくってみてはいかがでしょうか。

 

 

ふしぎでした。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加