普段の何気ない洗い方が髪にダメージを与えることもあるシャンプー。正しいシャンプーで、今も未来も美しい髪を目指しましょう。

リセットシャンプー

頭皮は肌の一部。美容液シャンプーが明日の艶髪を育みます。

シャンプーの前のブラッシングとすすぎが美しい髪へ仕上げる鍵   

髪が絡んだままシャンプーをすると、髪のもつれや泡立ちの悪さを招きます。より美しい髪を育てるためにブラッシングとすすぎを行いましょう。

  1. 毛先→中間部→頭頂部の順にブラシで優しく髪のもつれをときます。
  2. ぬるま湯で頭皮を中心に、1〜2分ほど予洗いをします。これで髪と頭皮の汚れが7割ほど落ち、少量のシャンプーで泡立ちも良くなります。
  3. ショートヘアなら1プッシュ、セミロング〜ロングは1.5〜2プッシュを手のひらに取り、軽く泡立ててから頭皮につけます。
  4. 指の腹で円を描くように、頭皮を中心に洗います。
  5. いろいろな方向からシャワーを当てて、泡が残らないようにしっかりすすぎます。
avatar
髪先生
ブラッシングは、髪表面に付着したフケやホコリを取り除く効果に加え、マッサージ効果も。

3WAYトリートメントパック

定期的な頭皮ケアが未来の豊かな髪を育てます。

髪や頭皮の状態に合せた3つの使い方で、さらに艷やかな美髪へ   

1way:頭皮パック
2way:インバストリートメント
3way:アウトバストリートメント

1way 頭皮パック

  1. シャンプー後、髪を握って水気をとります。髪が長い人は、髪を頭頂部でまとめると、頭皮にトリートメントが行き渡りやすくなります。
  2. さくらんぼ大1個分を手のひらでなく、指先に広げます。
  3. まずは側頭部から。指を広げ、指先をジグザグに動かしながら、側頭部の下から頭頂部にむかってなじませます。
  4. さらに、さくらんぼ大1個分を指先に取り、頭の前後から頭頂部にむかってなじませます。
  5. 最後に頭皮全体をマッサージしてなじませた後、3分ほど置いてしっかりすすぎます。
avatar
髪先生
和漢植物やハーブが髪染めや日々のストレスによる頭皮ダメージを癒やし、乾燥しがちな大人の頭皮に潤いを与え、丈夫な髪が育つ環境に整えます。

2way インバストリートメント

  1. シャンプー後の、髪を握って水気をとります。
  2. ショートヘアならさくらんぼ大1個分、セミロング〜ロングはさくらんぼ大1.5個〜2個分を手のひらに取り、髪全体に広げます。髪の長さ、量に合わせて、トリートメントの量を調節してください。
  3. そのまま3分ほど置いて、しっかりすすぎます。指通りなめらかな髪に仕上がります。

3way アウトバストリートメント

  1. やさしくタオルドライをします。
  2. ショートヘアならさくらんぼ大0.5個分、セミロング〜ロングは1〜1.5個分を手のひらに取り、髪全体に広げます。髪の長さ、量に合わせて、トリートメントの量を調節してください。
  3. ドライヤーで髪全体を乾かします。つややかでまとまりある髪に仕上がります。
avatar
髪先生
仕上げの最後に冷風を当てるとスタイリングが長持ちします。

Topに戻る