年々増える髪悩み。今まではうねりやパサツキなど髪悩みに合わせたシャンプーやスタイリング剤を選んで、なんとか取り繕ってきたけれど、40代に入ると、心なしか以前よりも髪にハリやコシがなくなり、ボリュームが減ってきた・・・と感じてはいないでしょうか。

実は40代は、健康な髪が育つための土台である頭皮の環境が変わる年齢と言われています。そのため、今まで通りのヘアケアでは物足りない、、、、と感じるのは至極当然のことなのです。
将来不安につながる深刻な髪悩みになる前に、ここでは40代以降の女性の頭皮環境がどう変わっていくのか、髪悩みを深刻化させないためにどうすればいいのか、解説していきます。

髪のパサつき、ボリュームダウン、細毛・・・。40代の髪悩みは頭皮環境の変化。

1、髪に関係深い女性ホルモンの低下が薄毛を引き起こす!?

髪悩みを引き起こす原因は様々ですが、その一つに「女性ホルモン」の減少があります。そもそも女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしい体型や弾力のある柔らかな肌を作ってくれる女性にとって欠かせない存在。
実は髪にも関係深く、発毛やヘアサイクルを持続させる働きを持っています。
しかし残念ながら、エストロゲンは30代をピークに右肩下がりに減少することが分かっています。そのため著しくエストロゲンが低下する更年期前後からは、髪を維持する働きが弱まり、自然とヘアサイクルが短縮化され髪が細くなっていくのです。

しかしながら、エストロゲンは加齢だけでなく、ストレスやダイエット、睡眠不足など生活習慣の乱れによっても減少するため、年齢以上に髪悩みを加速させないためにも規則正しい生活習慣は美髪を保つための基本といえます。

2、20代をピークに頭皮を守る皮脂や常在菌(表皮ブドウ球菌)が減少

また40代以降は、外敵から頭皮を守り環境を整える役割を担う皮脂の減少や自然免疫系に働きかけ、炎症を抑制する働きを持つ常在菌(表皮ブドウ球菌)が減少することが分かっています。
皮脂は本来、常在菌により分解されて汗と混ざることで皮脂膜を形成し、その皮脂膜が頭皮をコーティングして外敵や乾燥から守ってくれています。
同様に毛髪も、皮脂膜が毛根から毛先に移行し毛髪をコーティングすることで、摩擦などから髪を守ったり、髪に潤いやツヤを与えてくれています。

しかし、加齢によりこれらが減少することで、髪は年々パサつき、頭皮においては乾燥による炎症が起こりやすく敏感な状態が続きます。
また40代以降は、つむじや生え際、分け目などの薄毛が気になる部分が増え、紫外線などの影響もより受けやすくなるため、頭皮は慢性的に炎症を起こしている可能性があります。
頭皮と毛根は密接につながっていますから、慢性的な炎症は毛根の状態を悪化させ、発毛や成長にも影響が出るため、日々炎症を抑える頭皮ケアが重要となってきます。

3、繰り返す髪染めによる頭皮ダメージ

さらに30代を過ぎ40代に入ると白髪が増え、必然的に髪染めの回数が加速することで、さらなる頭皮環境の悪化が進みます。
一般的に広く用いられる白髪染めは、酸化染毛剤と呼ばれるもので、かぶれや接触皮膚炎を引き起こす恐れがある強い薬剤(アンモニアなどのアルカリ剤、パラフェニレンジアミン、過酸化水素)が使われていて、これらは毛髪のダメージにとどまらず、頭皮に急性的な炎症を及ぼしヘアサイクルの短縮化による薄毛を引き起こすことが分かっています。

さらに髪染めによる頭皮炎症は毛根のメラノサイトにも悪影響を及ぼし、さらなる白髪を引き起こすこともわかっているため、速やかにその炎症を抑えることが重要となります。

髪染め関連記事はこちら
「白髪と共存して100年時代を乗り切る方法~ストレスフリーなヘアカラーの探求」

▼髪悩みを深刻化させないための頭皮ケア。

このように年齢と共に頭皮環境が変化し、特に40代以降の頭皮は外的刺激を受けやすくなり、さらに白髪染めの影響も受けるため、丈夫な髪が育ちにくい頭皮環境であることが分かります。
そのため40代以降は、肌のケアをするのと同じように、毎日髪が育つ土台である頭皮もちゃんとケアをすることが大切です。加えて、年齢と共に代謝も下がり髪が育つために必要な栄養を運ぶ血流も悪化するため、意識して頭皮のマッサージを行うことも有効といえます。

【40代からの頭皮ケア】
正しい生活習慣を心がける
頭皮を必要以上に乾燥させないよう皮脂を取り過ぎない優しいシャンプーを使用する
毎日のシャンプーを頭皮マッサージの時間にする
髪染めの前日は髪を洗わない
髪染め後の1週間は頭皮の炎症を鎮めるシャンプーやトリートメントを使う

▼まとめ

  • 30代をピークにヘアサイクルを持続する女性ホルモンが減少。
  • 女性ホルモンはストレスやダイエットなどでも減少するため、規則正しい生活習慣を心がける
  • 40代以降は皮脂や常在菌が減少し頭皮が敏感で炎症を起こしやすい状態に。なるべく刺激の少ないシャンプーを選ぶ。
  • 白髪染めの急性的な炎症は薄毛や更なる白髪を招くため、髪染め後は速やかに炎症を鎮めるケアが重要。