素肌の声を聴く1週間、
素肌の声が聴こえるようになる1週間

    • トライアルセット
    トライアルセット
    初めての方はこちら▼
    おひとり1回に限り送料無料
    1,980円(税込)送料無料
    270 ポイント付きます 送料無料で購入する
    通常価格 1,980円(税込)
    270 ポイント付きます カートに入れる
    Amazonアカウントでお支払いができます
  • トライアルセットでは、HANA ORGANIC が提唱する Holistic Care を始める準備のために必要なアイテムを揃えました。

    Holistic Care を目指すスキンケアの最初の一歩は「肌が目覚めるケア」の準備です。これまで「与えるケア」をしてこられてきた方にとっては、与えるケアに馴れた肌をリセットする1週間です。

    1. 天然100%
    2. 朝晩使用:7日分

現代を生きる女性に本当に必要なのは、素肌を「守り浄め」、肌本来の力が「目覚める」ことを助ける化粧品。 HANA ORGANIC はそう考えます。トライアルセットに入っているのは以下の5点です。

日中の紫外線、ブルーライト、PM2.5などの生活環境因子から素肌を守るウェアルーUV
肌が分泌する皮脂のバリア機能を温存しながら、日中の汚れや就寝中の新陳代謝で出てくる老廃物を落とすピュアリクレイ
肌の声を聴き肌が欲しがる分だけスプレーして浴びる天然の草花の香りとエキスに、肌も心も清らかに癒やされるフローラルドロップ
この三つが「守り浄める」化粧品です。

肌の力が十分であれば、守り浄めるケアでお終いです。でも、現代女性の多くは、肌にとって過酷な生活環境下にあります。そんななか、肌本来の力が「目覚める」ことを助けるのが、あとの2製品。

肌がダメージを受けて困っているときには、天然植物のエキスを和漢の伝統技術に倣いブレンドしたホワイトジェリーを。
そして、肌が分泌する天然の皮脂では足りないと肌が言っているときには、日本人女性の皮脂に近い脂肪酸組成となるよう天然植物をブレンドしたムーンナイトミルクを、天然皮脂と溶け合い馴染ませて補います。

与えるケアに馴れた肌には、最初は物足りなく感じられるかもしれません。でも、1週間は使い続けてください。それから、あらためて肌の声を聴いてみてください。きっと肌は、これなら頑張れるよ、と言っているはずです。オーガニックな生き物としての本来の力と感覚を取り戻し始めた証拠です。

これで「守り浄め、目覚める」スキンケアの準備完了です。
HANA ORGANIC の Holistic Care へようこそ。

トライアルセットを試す1週間は、与えるケアに馴れた肌をリセットする1週間です。その間、ほかのスキンケアやファンデーションとの併用は避けてください(ウェアルーUVの後にポイントメイクを足すのは問題ありません)。

朝は、ピュアリクレイでの洗顔からスタート。就寝中の新陳代謝で出てきた老廃物を洗い流します。水、または、ぬるま湯ですすいだたら、そっと押さえるように水気を取ってください。

次に、肌の状態を確かめながら少し待ちます。洗顔後は肌の表面から水分が蒸発して、瞬間的には乾燥状態になることがありますが、水道水はむしろ蒸発してくれたほうがいいのです。すぐに肌自身の力が発動して、自ら潤い始めます。

そして、肌の声を聴きます。肌がもっと潤いが欲しいと言っているときには、欲しいと言っている分だけ、フローラルドロップをスプレーします。

それからもう一度、肌の声に耳を澄まします。ダメージを受けて肌が困っていたら、ホワイトジェリーに助けてもらいましょう。キクラゲのとろみがスーッと肌に気持ち良く広がるなら、肌が喜んでいる証拠です。肌が欲しがるところに欲しがる分だけ伸ばしていきます。

さらに、もう一度肌の調子を確かめます。肌は自力で皮脂を分泌し始めています。自力で十分なら、これでスキンケアは終了。自力では足りないと肌が言っていたら、ムーンナイトミルクで補います。不足している分だけ、天然の皮脂に馴染ませ溶け合わせていきます。

次はメイクです。日中、肌の炎症を引き起こしかねない生活環境因子から、素肌を守るウェアルーUVを肌に伸ばしていきます。天然ミネラルの光コントロールと天然植物の美容液成分が、日中の素肌を守ります。その後、ポイントメイクをしたら終了です。

夜も同様に、肌の声を聴きながら、スキンケア(メイクの手前まで)をします。お風呂上がりにケアすることが多いですが、その際には特に、肌表面からの水分の蒸発を恐れて慌てて乳液で水道水を閉じ込めないようにご注意ください。肌の力を信じて、肌が自力で潤いを取り戻すのを確かめてから、足りないときにだけ足りない分だけ補うケアをしてください。

▲ページの先頭に戻る