肌も心も透明に。わたしに還る Holistic Care|HANA ORGANIC

  • user
  • cart

肌悩み×年齢 で探す Holisitic Care

40代のシミ・くすみ

原因

40代のシミは、紫外線や皮膚への刺激によって生じるものがほとんどです。

紫外線や摩擦など、皮膚への刺激に反応して肌内部が炎症を繰り返すと、メラニン色素を作る機能が暴走してシミを継続的に作り出すようになってしまいます。

年齢を重ねて肌の代謝機能が衰えてくると、メラニン色素を排出できずに濃くなってきたように感じたり、シミが増えたと感じることが増えてきます。

また、女性ホルモンバランスの乱れによっておこる肝斑など、内的な原因によるシミも発生する時期です。シミが左右対称に頬を中心に広がる場合は肝斑の可能性が高いです。対処法は通常のシミと同じですが、どうしても気になる場合には皮膚科などに相談することをおすすめします。

対策

根本原因のケアと、肌の上で起こっている現象を静めていくケアの2つが必要です。

まずは根本的な原因に対してしっかりアプローチすること。

紫外線対策では、実は日焼け止めそのものが刺激が強く原因になっていることがよくあります。日常生活ではSPF30程度で十分です。肌をしっかり守りつつも、紫外線吸収材フリーのもの、抗炎症成分の配合されたものを慎重に選びます。

同様に、クレンジングや洗顔フォームも刺激は厳禁。クレンジング不要のファンデーションやUVに切り替えて、肌に優しい洗顔フォームで落とすようにします。

女性ホルモンが原因の場合、ホルモンバランスを整えてくれる花精油はとても有効です。バスケアやハンドクリームなどに花の精油が含まれるアイテムをプラスして香りのケアを習慣化してみましょう。

肌で起こっている現象への対策では、炎症を静めることが最も大事です。スキンケアでは化粧水、乳液にプラスして抗炎症機能のある美容液を追加します。炎症を慢性化させてしまっている肌の機能を取り戻すために、常在菌バランスを整えるケアも大切です。

美白クリームなどを使うときには、顔全体に塗ったり予防的に使うことはしないで、シミのある場所に塗り込みます。ただ、シミの上に塗る美白クリーム自体が刺激になってしまうこともあります。塗った際にピリピリする場合には使用は中止しましょう。薬用の美白製品を使う際には肌に合うものを選び、また、有効成分を確認しながら3か月使用してみて、改善がない場合には違う有効成分のものを試します。肌とシミの状況に合う成分を見つけることが、解決に繋がります。

HANA ORGANIC 製品を使ったケア方法

「ウェアルーUV」は、日ごろの紫外線ケアに適するSPF30の処方設計をしています。ファンデーション機能もあるので、これ1本でファンデーションも兼ねます。洗顔フォームで落ちますので、クレンジングをやめることもでき、肌への負担を軽減できます。

「ホワイトジェリー」は、炎症を鎮めるために和漢植物をブレンドした美容液です。朝晩の乳液の前に足してください。

「ピュアリクレイ」と「ピュアリキューブ」は、肌への刺激にならないことを重視した処方設計した洗顔料です。いずれも交感神経や女性ホルモンのバランスを整える作用のある花精油をたっぷりと処方しています。

「オーガニックホワイトクリーム」は、天然100%、肌に優しいビタミンC誘導体が有効成分の薬用美白クリームです。3か月試してみて、シミの輪郭が薄くなったり効果を感じるようであれば継続してください。効果を感じられない場合には使用を中止し、ビタミンC誘導体以外の有効成分が入っている化粧品(HANA ORGANIC ではご用意していません)を次に試すことをおすすめします。

おすすめの製品

pagetop