肌も心も透明に。わたしに還る Holistic Care|HANA ORGANIC

  • user
  • cart

肌悩み×年齢 で探す Holisitic Care

40代の乾燥肌

原因

40代は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が下がる影響を受けて、皮脂分泌量が急激に減ってくる時期です。

今まではノーマルタイプの肌だった方も乾燥が気になりだし、乾燥肌だった方は全身にさらに乾燥を感じるようになります。でも、皮脂の分泌による外側からのうるおいは減るものの、ターンオーバーの際に細胞の中から潤い成分が生まれてくる内側から湧きだす潤いは急には落ちません。

内側からもスカスカするようなインナードライの状態であれば、肌内部で炎症が起こっていることが考えられます。

対策

今までとは皮脂の分泌量が変化していきますので、まずは自分の潤い力チェックをしてみましょう。

必要以上の保湿はかえって肌の力を妨げるため、本当に不足している度合いを確認することが大切です。洗顔後、5分くらい何も塗らずにおいてみて、肌をよく観察してください。

粉をふくようであれば、そこは乳液など油分を含む化粧品を今までよりも少し多めに与えてあげる必要があります。一度に多く与えても浸透しづらいので、今までの量をまずは塗って、肌になじんだ後にもう一度手に取って重ねづけをするようにしてください。

時間をおいてもサラサラしていてつっぱり感や粉ふきがないようであれば、化粧水、乳液を特に増やすことなくしっかり角質層に染み渡るようにハンドプレス(手の平で優しく押し込むようにすること)をして入れてあげれば大丈夫です。

肌表面はべたつくくらい塗っているのに、肌内部がスカスカ乾燥している、という場合には抗炎症効果のある美容液などをプラスしましょう。

HANA ORGANIC 製品を使ったケア方法

まずはメイクをクレンジング不要のものに切り替えて、ダブル洗顔をやめる、洗浄力が強い洗顔料の使用をやめることがポイントです。「ウェアルーUV」は、「ピュアリクレイ」や「ピュアリキューブ」を少量泡立てて洗うだけで落とせます。

化粧水「フローラルドロップ」を少し多めに肌になじませた後は、「ムーンナイトミルク」を適量肌に取り、押し込むようにして角質層になじませます。それでもつっぱり感などが残る場合には、肌表面が乾いてからもう一度繰り返します。

秋冬の乾燥シーズンは、保湿力を高めた「ムーンナイトミルクモイスト」を通常のムーンナイトミルクの代わりに使うのもおすすめです。

季節や体調で粉拭きが収まらないなどの場合には、「スキンケアオイル」を最後に乾燥が気になる場所に足します。

インナードライが気になる場合には、化粧水と乳液の間に、漢方成分で炎症を静める美容液「ホワイトジェリー」を使います。

いずれにしても肌をよく見ながら、同じお手入れを繰り返すのではなく、体調や季節に合わせてたし引きします。乾燥しているからといって与えすぎると、もともとの肌の力を妨げてしまいます。与えすぎにならないように注意しながらケアしましょう。

おすすめの製品

pagetop